www.apokalypse-no.net

父の脱税

30年ぐらい前になりますが、もともと両親が商店を経営していました。あまり経営内容はよくなかったようです。ですがある時税務調査が入り、脱税していることになり、1000万円ぐらいの追徴になりました。こちらを税務調査に強い税理士←みてね。
税務官が自宅を訪れたときのことは私もいて覚えています。その時は静かにやりとりしていたようですが。父もはっきり言っていました。脱税などはしていないと。実際には利益を上げてはいなく、借金も抱えていた様子。ここを税務調査 税理士を見てね。
翌年父は癌になり、帰らぬ人となり、借金の返済と追徴課税分はその生命保険金で払うことができまいしたが、父が脱税をして蓄財をしていたというようなことはまったくないことは家族は皆知っていました。そもそも税金とは利益が出て初めて支払う義務がしょうじるのではないでしょうか。詳細はこちら→税務調査 税理士です。
会計事務所の担当者は、税金を支払うしかないと家族に言っていました。当時はまだ高校生で、なんとかしたかったが、そんなこともできず、これまで悶々とした思いを抱いており、時折ふと思い出してしまいます。